大地の尻尾 草木の背中 作品3
使用材料:草千里に落ちていたガラスの破片 高森の森の竹 植物染料 柿渋 阿蘇の赤土 輪島の杉の和紙 刺繍糸

f0117481_2302234.jpg

f0117481_231676.jpg

f0117481_23278.jpg


作品名 大地の尻尾 草木の背中
阿蘇で拾ったものを作品の「種」にして
阿蘇の赤土と柿渋で絵を描き「枝」とします
阿蘇の大地と草木の色と形を探します

阿蘇の赤土 協力 吉田工芸舎
http://www.yoshidakougeisha.com/
熊本市東区若葉3-7-1

糸の化学染料や農薬以外はすべて天然のものを使用しています
(一部オーガニックコットンの糸を使用しています)
阿蘇で拾ったものを使用していますが、一晩重曹に入れ、丁寧に洗っています

拾うのは風化した人工物と落ちている自然のものを主に使用しています 自然を奪う行為をなるべく最小限にしたいという思いと、風化した人工物の歴史は自然と人間の時間を凝縮していると感じるからです。

今回の制作は阿蘇の自然と天然素材を堪能する時間でした。関係者の方々と家族に感謝します。この時間のおかげで、どんなに現実世界に絶望しようと、自分が表現したいものは、自然讃歌であり、人間讃歌である、とわたしの右手と左手は教えてくれました。

art work name
The tail of earth The back of trees and plants

What I gathered in Aso will be my seeds of drawings.
And using Aso akatsuchi red clay and Kakishibu the Japanese traditional paint which matured with a persimmon
the seeds will spread its branches.
This is a quest for the colors and the forms of earth,trees and plants in Aso.

Aso Akatsuchi red clay:Cooperation by Yoshidakougeisha
[PR]
by reiinoueartworks | 2014-09-01 02:37 | 柿渋 persimmon juice
<< 大地の尻尾 草木の背中 作品4 大地の尻尾 草木の背中 作品2 >>