美学校 ギグメンタ2008
GIGMENTA2008
http://ameblo.jp/bigakko/entry-10069130415.html

≪人という森と森が出会う場所≫に
パフォーマンス参加(4月13日)、
谷川まり、ワークショップによる共同制作展示
(展示期間 4月8日(火)〜4月13日(日))
/「テーブルの上の一皿を作ろう」展示に参加します

I join Japan Tokyo BIGAKKOU GIGMENTA2008
我叁加日本 东京 美学校 计划
[森 THE FOREST-人遇到人的地方 THE PLACE PEOPLE RUN ACROSS ANOTHER ONE]
行为艺术 LIVEART 4/13
和 WORKSHOP&INSTARATION共同制作现场展示 4/8-13

http://www.bigakko.jp/


ぜひ4月13日、京橋美学校にお越しください

4月13日(日)pm14:30-pm18:00(順未定)
入場料  2000円
ご予約された場合、200円引きの入場料になります。

   information and appointment Fax045-543-9521、
   e-mail for sa-egusa@ba2.so-net.ne.jp (tanikawa)






   
MORI ー森
  〜 人という森と森が出会う場所 〜
http://blog.so-net.ne.jp/mari-tanikawa/
 
   知の森、熱帯の森、ビニールの森、メメント・モリ、ジェンダーの森、
   Mori には色々あるけれど、今日はこんなふうに自分色の Mori を広げてみた。
   (展示とワークショップ、パフォーマンス、
    女性美術家それぞれの活動についてのトークとディスカッション)     
     
 展示期間 4月8日(火)〜4月13日(日)
     11:00~20:00
展示 もとはし遙/インスタレーション「森」、小野のん子/インスタレーション「発信記録・イマ・ドコニ・イルノ?」、田尻麻里子/ビデオ・インスタレーション、中西美穂/フィールドワーク・インスタレーション、谷川まり、渭東 節江 他 ワークショップによる共同制作/「テーブルの上の一皿を作ろう」
   
イベントプログラム
   ご予約された場合、200円引きの入場料になります。
   問い合わせ、予約の受付は電話、ファックス共に、045-543-9521、
   メールはsa-egusa@ba2.so-net.ne.jp 谷川まで。

≪人という森と森が出会う場所≫
知の森、熱帯の森、ビニールの森、メメント・モリ、魔法の森
色々なMoriがあるけれど、今日はこんなふうに自分色のMoriを広げてみたい。
(ウーマンズ・アートの展示とワ―クショップ、パフォーマンス、女性作家それぞれの活動についてのトーク&デイスカッション)
展示期間  4月8日(火)―4月13日(日)

展示  もとはし遥/インスタレーション「森」、小野のん子/インスタレーション「発信記録・イマ・ドコニ・イルノ?」、田尻麻里子/ビデオ・インスタレーション、中西美穂/フィールドワーク&インスタレーション、谷川まり、涓東節江ほかワ―クショップによる共同制作/「テーブルの上の一皿を作ろう」。

○ 「テーブルの上の一皿を作ろう」ワ―クショップ 
  4月8日(火)―4月10日(木)
  pm14:00-pm18:00
 参加費  200円(割引き無し)
○パフォーマンス
   谷川まり「月のめがね、月を食べる兎」+もとはし遥インスタレ―ション「森」  
4月9日(水)pm19:00―pm19:30
入場料  1200円
○アートプレゼンテーション/パフォーマンス
  イトー・ターリ「あなたを忘れない」
4月11日(金)pm18:30-pm19:30
  入場料  1500円
○ワークショップ
中西美穂「船頭おおくして船やまにのぼる」
4月12日(土)pm14:30―pm16:00
参加費  500円
○トークとシンポジウム
「リレーションからコラボレーション/女性美術家の様々なありかた」
 蔭山ヅル(ART LAB OVA)、中西美穂、イトー・ターリ、小野のん子ほか 聞き手 谷川まり
4月12日(土)pm17:00-pm19:30
参加費  1500円

○パフォーマンスday
イート・ターリ、山岡佐紀子「いっしょにやるアクションパフォーマン、 小野のん子 「I miss you!」、田 尻麻里子「ビデオ・カメラ・パフォーマンス」、井上玲「黒い雨 青森・六ヶ所村に降り注ぐ」他
4月13日(日)pm14:30-pm18:00(順未定)
入場料  2000円 

[PR]
by reiinoueartworks | 2008-02-11 10:40 | exhibition info
<< Flower eat wome... Flower eat wome... >>