「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:criticism( 7 )
林静さんインタビュー
http://www.shukousha.com/column/beijing023.html

中国滞在を見守ってくれた林静さんのインタビューです

3年の中国滞在を振り返りました

f0117481_9415385.jpg


「題名 クモニンゲン 雲彩人類 1999年ごろに製作したリトグラフを2010年に切り絵として製作
(リトグラフ、日本画絵の具、銅版画紙) 今日美術館収蔵」

f0117481_9421169.jpg


「題名 クモニンゲン 雲彩人類 1999年ごろに製作したリトグラフを2010年に切り絵として製作
(リトグラフ、銅版画紙)作家蔵」
[PR]
by reiinoueartworks | 2010-09-20 09:30 | criticism
コスモポリタン中国版 インタビュー 2009年8月号
f0117481_4505273.jpg
f0117481_4512161.jpg

f0117481_4514554.jpg
f0117481_452320.jpg

[PR]
by reiinoueartworks | 2010-09-17 04:52 | criticism
cosmopolitan 时尚健康 2009年8月号 采访
中国版 cosmopolitan 时尚健康 2009年8月号 采访 インタビュー

井上玲:先自由地表达情感,再创作艺术





图画、剪纸、摄影、俳句,井上玲用各种艺术方式诠释自由:地球绿色的自由;人类和平的自由;陌生人交流的自由;一个人表达悲伤和恐惧的自由……这个日本女子以她特有的温柔婉转承载并传递着对于自由的信念,乐此不疲。



“なぜ死んだ なぜ生きられぬ ものの芽の日 为什么要离去,为什么没有活下去。春天花草都长出芽了……”(中文翻译)出自今年5·12四川地震一周年,井上玲在blog里一首自创俳句,她用这种短小的日本古典短诗形式来表达对受难人们的哀思。“我是神户人,我的故乡体验过同样的灾难。”一张小小的明信片被递到我们面前,这是井上玲当年为神户 ;>地震所创作的作品:一片赤色之中,烈日炎炎升起,不死鸟涅磐重生……笔触精细,笼罩着一层日本浮世绘如梦境般的绮丽 色彩。对她而言,10余年前的神户大地震仍历历在目,“熟悉的房子和景色忽然之间消失了,站在那里忽然很无力——自己什么也做不了,只能眼睁睁看着废墟。旁观的人们希望受灾者很快恢复,但这很难。我希望大家了解,这些人有表达悲伤和恐惧的自由。”





在井上玲的作品中,不仅存在着为地震创作的主题,还包括2007年呼吁环保的行为艺术“黑雨”,以及呼唤和平主题的刻纸作品“所有人都会有国籍也都会死亡”,后者用世界各国的国旗盖在孩子模样的小人脸上,象征着某种宿命,引申出某些被国家意识所覆盖的本真面容,创作灵感正来自9·11事件和伊拉克战争。面前这位日本女子妆容细致,挂着微笑,轻声慢语,看似不问世事,却在内心对整个世界有着无比的好奇和责任感。大约两年前,她选择在北京定居,就是想更多地接触另一种生活方式。“北京人都非常热情,刚认识的朋友也愿意无偿提供住处帮我解决困难,在日本这是不大可能的事,似乎生活太便利了,人和人之间就不再存在交流的必要了,这是不对的……”尽管北京的空气和交通略为糟糕,但井上玲显然更享受这里与人沟通的乐趣,并以此为基础创作出《从未来寄回的情书》系列剪纸作品。通过剪刀,平面的纸变得立体勾连,“就像我在中国接触到的人,他们让我明白了一种沟通的自由,是立体的,相互往来的。”..............


f0117481_17102397.jpg

[PR]
by reiinoueartworks | 2009-08-12 17:10 | criticism
麻生晴一郎 中国当代艺术 采访12人
过年好,祝福博友牛年吉祥

日本人文章家 麻生晴一郎 中国当代艺术 采访12人

对不起 现在只是日语





- [コラム] 北京の現代アート界に進出-日本人アーティスト・井上玲 2009/01/28(水) 15:07:25
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0128&f=column_0128_006.shtml

- [コラム] 中国政府も理解示す現代アートも、政治化進む“芸術性” 2009/01/21(水) 16:58:52
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0121&f=column_0121_006.shtml

- [コラム] 中国現代アートの足跡:30年代の東京-上海-広州 2009/01/14(水) 15:57:27
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0114&f=column_0114_005.shtml


- [コラム] 北京と上海で活躍、社会性の強い作品を発表=金江波さん 2009/01/07(水) 16:50:19
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0107&f=column_0107_009.shtml


- [コラム] 北京で展開する日系画廊、「確信犯的にお客様を驚かせる」 2009/01/06(火) 16:50:35
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0106&f=column_0106_006.shtml

- [コラム] 中国現代アート「自分の肋骨を切除」=行為芸術の第一人者 2008/12/24(水) 16:13:06
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1224&f=column_1224_007.shtml

- [コラム] 子供が生まれ失った思いを作品に込めて=女流画家・張慧 2008/12/22(月) 16:26:22
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1222&f=column_1222_005.shtml

- [コラム] 変わる中央美術学院、中国現代アートとの距離=王春辰 2008/12/19(金) 16:23:17
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1219&f=column_1219_005.shtml

- [コラム] 没収されても“毛沢東”を描き続けた北京の画家=張東 2008/12/08(月) 16:31:29
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1208&f=column_1208_007.shtml

- [コラム] 何でも起こりうる中国だからこその現代アート=沈少民 2008/11/27(木) 16:26:10
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1127&f=column_1127_005.shtml

- [コラム] 民工から世界に羽ばたく=中国現代アーティスト王慶松氏 2008/11/17(月) 16:17:37
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1117&f=column_1117_005.shtml

- [コラム] 躍動する中国現代アートの今と昔=専門家・栗山明氏 2008/11/13(木) 16:56:03
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1113&f=column_1113_007.shtml
[PR]
by reiinoueartworks | 2009-01-31 10:38 | criticism
展覧会「光を見る」
北京supercityに展覧会のことと望京画画小組について取材を受けました



http://www.chinasupercity.com/news/view_news.php?type=view&news_id=5372


望京画画小組

人数不定、来る者拒まずの自然空間

マンションの一室が、「作ること」の大好きな若者たちの第二の「家」に。その柔軟で自由なあり方は、小さな部屋を限りない創造性のゆりかごへと変えた。
林静=文 張全=写真 text・LIN JING photo・ZHANG QUAN

テーマは「光を見る」
 北京の西北、望京地区で生まれた望京画画小組。その3回目の展覧会のテーマは、「光を見る」。ドアを入ると、入り口には赤く波打つ切り絵と、切り絵をまとった人体のイメージ。奥の部屋には、しなやかなラインの切り絵や、ハトとカササギのシルエット。切り絵は光によって色が移ろい、カササギの白と黒は、光と影を連想させる。純白のハトの淡くやわらかい輪郭がかもしだすのはそこはかとない優しさだ。
[PR]
by reiinoueartworks | 2008-06-07 20:43 | criticism
一つひとつの命の重み 林静
http://www.chinasupercity.com/3378.html

一つひとつの命の重み

 どこかかわいらしい死体、そこから柔らかな直球のように胸に届く問い
 人の生命とは? 人種とは? 国籍とは? 簡単のようでなかなか答えが見つからない


文/林静  写真/張全(切り絵の写真)

(SUPER CITY BEIJING 2007年5月掲載内容)
[PR]
by reiinoueartworks | 2007-05-19 01:01 | criticism
《すべての人には死と国籍がある - the Dead Body Series - 》文/ 舒阳
《すべての人には死と国籍がある - the Dead Body Series - 》
文/ 舒阳

日本女艺术家井上玲2006年来北京参加“第4届大道现场艺术节”,表演了她关于日本宪法的作品。作为一位女性艺术家却关注公共社会生活,这样的情况在中国当代艺术领域并不多见。当她给我看她的刻纸作品《所有人都会有国籍也都会死亡》,我立刻被这个作品所吸引。在小巧的造型简化的不同肤色的婴儿的脸上,覆盖着世界各国的国旗。好像如宿命一般,当我们生到这个世界上就被国家意识形态所覆盖而失去了本真的面容。似乎在出生的那一刻就注定了我们人性中的某些东西,在这诸般国旗之下万劫不复了。用许许多多精心制作的刻纸,井上玲以细腻的手法为我们勾勒了难以出脱的全球性困境。这种困境,正是今天灾难性的国家冲突的根源。

日本の女性芸術家、井上玲は2006年に北京にて“第4期大通パフォーマンスフェスティバル ”に参加し、日本憲法の関した作品を発表した。一女性芸術家として公共の社会生活に関心を持ち発表する、この様な情況は中国現代芸術の領域では未だ多くは見られない。彼女が私にこの作品《the Dead Body Series》を見せた時、私はすぐこの作品に魅せられた。簡略化されながら精巧に造型された剪紙で、皮膚色の違う赤ん坊の顔に世界各国の国旗が覆われている。それはまるで私達がこの世に生まれ出て国家のイデオロギーを受け、本当の容貌を失う宿命の様だ。誕生のあの一瞬、私達の人間性を運命付けた中の幾つかは、この様々な国旗の下で永遠に回復出来ないものらしい。苦心して制作された剪紙を用い、井上玲は細やかな手法で私達に美しくなり難い全世界の苦境をスケッチしてみせた。このような苦境は正に今日の壊滅的な国家間衝突の根源となっている。

在电视中看到911和伊拉克战争的景象,促使井上玲于2005年开始创作《所有人都会有国籍也都会死亡》这件作品。政府以国家权力对个人的压抑,是国际社会普遍存在的现象。这种压抑导致对人类生命价值的轻蔑。井上玲的刻纸,有如为人类这种悲剧处境奏出的一曲挽歌。《所有人都会有国籍也都会死亡》提供了一个艺术家面对世界所能够承担的道义,这种道义应该成为当代艺术的重要基石。

テレビで911とイラク戦争の光景に影響を受け、井上玲は2005年に《the Dead Body Series》の創作を開始した。政府が国家権力を以て個人を抑圧する、これは国際社会の普遍的現象である。この抑圧は人類生命の価値に対しての軽視を引き起こす。彼女の剪紙は、人類のこのような悲劇の演奏する1曲の挽歌のようである。
《the Dead Body Series》は一芸術家を世界中で引き受けるべき道義に直面させた。このような道義は現代の芸術の重要な基礎になるべきだ。

井上玲现在中国学习汉语并从事当代艺术实践,她的这种生活本身就是全球化进程最为鲜活的一例。不论作为亚洲国家现代化先锋的日本还是井上玲的作品,都值得中国艺术家用心学习。日本不愧是有着百多年成功现代化进程的亚洲国家,为井上玲这样的艺术家提供了比中国艺术家更为开阔的全球化视野。正是这种视野,使井上玲的作品能够毫无障碍地被我们所分享。遗憾的是在中国当代社会言论中,充斥着狭隘的民族主义国家意识,特别是针对与中国有过历史积怨的日本。这种意识的不断强化,只能加重而不是缓和国与国、人与人之间的冲突。希望我们不要以在尸体上覆盖一面国旗而获得对自身生存意义的认同,希望人类能够跨越自身局限的鸿沟而彼此真诚面对。也许这就是井上玲的艺术代给我们的启示,使我们有机会站在更为普世的人类立场上来分享彼此的文化经验与精神财富。

井上玲は現在、北京で中国語を学びつつ現代美術の実践に従事している。彼女のこのような生活自身が、グローバル化の1つの例になっている。たとえアジア国家近代化の先鋭国日本でも、井上玲の作品は中国芸術家が一心に学ぶ価値がある。日本は百年余りかけて近代化に成功したアジア国家で、井上玲のような芸術家に中国芸術家よりも一層広いグローバル化の視野を提供している。このような視野は、彼女の作品をもって障害無く私達と分かち合うことが出来る。残念なのは中国現代社会の言論が狭いナショナリズム国家の意識に溢れ、特に日本に対して歴史の度重なる恨みを持っている。このような意識の間断ない強化は、国と国、人と人との衝突を緩和せず強めることしか出来ない。私は、我々が”死体の上に1枚の国旗を覆うこと”が自身の生存する意義と同じと認めないことを希望し、人類が大きなギャップや制限を越えて互いに心から直面し得ることを望む。井上玲の芸術は私達の啓発にかわり、私達をいっそう普遍的な人類的立場に立ち上げてきて双方の文化経験と精神的財産を分かち合う機会を伝えている。

2007年3月21日夜于北京

日本語翻訳:清水恵美

f0117481_18165721.jpg

[PR]
by reiinoueartworks | 2007-04-27 23:29 | criticism