<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
青森 六ヶ所村
青森には六ヶ所村という場所があります
農地や工場やアメリカの基地があります。

そこに新たに通称、核再処理施設、プルサーマル工場ができてしまいました
2007年夏から本格的に稼動されます

それを私は反対しています

なぜならばそれは原子力発電の廃棄物の中から、プルサーマルを作り出す作業であり、
とても危険な作業で、放射能を多く発生させるからです

日本は被爆国です そんな日本に、現時点では主に核兵器にしか利用できない
プルサーマル工場ができてしまったこと

ヨーロッパで多くの白血病患者を出したにもかかわらず、あたらに莫大な資本を使って
それを作った日本という国の恐ろしさを多くの人が知らない現実に私は希望を失いました

そして訪れた六ヶ所、そこには美しい自然があったのです
海、空、畑、人、美しいものがたくさんあった
それが煙突から溢れ出る放射能に汚染されてゆく

私は今北京にいます
いまは日本の闇の現実を受け止めることができない
弱いものと強いものの亀裂が国境を越えて進むグローバリゼーションの世の中で
私は自分の中の国際性を疑いました

自分自身が国境を越えられる自信がついたとき
グローバリゼーションの黒い雲と戦える力がついたとき
日本に帰りたいと思っています

f0117481_14574430.jpg

f0117481_145871.jpg

f0117481_14583768.jpg

f0117481_14585722.jpg

f0117481_14592012.jpg

f0117481_145942100.jpg

f0117481_150495.jpg

f0117481_1501743.jpg

[PR]
by reiinoueartworks | 2007-04-28 01:14 | PHOTO
現場芸術行為「脈」
中国 大山子芸術区 798 藝祥で行われた
パフォーマンスイベント行为艺术图片文献资料展暨现场表演-源自宋庄艺术区的行为艺术
での現場芸術行為「脈」

肌の色はそれぞれ違っていても、皮膚の下はみんな同じ
しかし脈を打つリズムが個性なのです

黒帯で眼を隠し、集中し、人ごみの中から、腕を捜し、脈を探しました

脈を感じ、それにあわせて鈴を鳴らしました

写真 olivier chouchana

f0117481_23492340.jpg


写真 wen jen 

f0117481_23532997.jpg

f0117481_23504195.jpg

f0117481_2351342.jpg

[PR]
by reiinoueartworks | 2007-04-27 23:51 | Live Art
《すべての人には死と国籍がある - the Dead Body Series - 》文/ 舒阳
《すべての人には死と国籍がある - the Dead Body Series - 》
文/ 舒阳

日本女艺术家井上玲2006年来北京参加“第4届大道现场艺术节”,表演了她关于日本宪法的作品。作为一位女性艺术家却关注公共社会生活,这样的情况在中国当代艺术领域并不多见。当她给我看她的刻纸作品《所有人都会有国籍也都会死亡》,我立刻被这个作品所吸引。在小巧的造型简化的不同肤色的婴儿的脸上,覆盖着世界各国的国旗。好像如宿命一般,当我们生到这个世界上就被国家意识形态所覆盖而失去了本真的面容。似乎在出生的那一刻就注定了我们人性中的某些东西,在这诸般国旗之下万劫不复了。用许许多多精心制作的刻纸,井上玲以细腻的手法为我们勾勒了难以出脱的全球性困境。这种困境,正是今天灾难性的国家冲突的根源。

日本の女性芸術家、井上玲は2006年に北京にて“第4期大通パフォーマンスフェスティバル ”に参加し、日本憲法の関した作品を発表した。一女性芸術家として公共の社会生活に関心を持ち発表する、この様な情況は中国現代芸術の領域では未だ多くは見られない。彼女が私にこの作品《the Dead Body Series》を見せた時、私はすぐこの作品に魅せられた。簡略化されながら精巧に造型された剪紙で、皮膚色の違う赤ん坊の顔に世界各国の国旗が覆われている。それはまるで私達がこの世に生まれ出て国家のイデオロギーを受け、本当の容貌を失う宿命の様だ。誕生のあの一瞬、私達の人間性を運命付けた中の幾つかは、この様々な国旗の下で永遠に回復出来ないものらしい。苦心して制作された剪紙を用い、井上玲は細やかな手法で私達に美しくなり難い全世界の苦境をスケッチしてみせた。このような苦境は正に今日の壊滅的な国家間衝突の根源となっている。

在电视中看到911和伊拉克战争的景象,促使井上玲于2005年开始创作《所有人都会有国籍也都会死亡》这件作品。政府以国家权力对个人的压抑,是国际社会普遍存在的现象。这种压抑导致对人类生命价值的轻蔑。井上玲的刻纸,有如为人类这种悲剧处境奏出的一曲挽歌。《所有人都会有国籍也都会死亡》提供了一个艺术家面对世界所能够承担的道义,这种道义应该成为当代艺术的重要基石。

テレビで911とイラク戦争の光景に影響を受け、井上玲は2005年に《the Dead Body Series》の創作を開始した。政府が国家権力を以て個人を抑圧する、これは国際社会の普遍的現象である。この抑圧は人類生命の価値に対しての軽視を引き起こす。彼女の剪紙は、人類のこのような悲劇の演奏する1曲の挽歌のようである。
《the Dead Body Series》は一芸術家を世界中で引き受けるべき道義に直面させた。このような道義は現代の芸術の重要な基礎になるべきだ。

井上玲现在中国学习汉语并从事当代艺术实践,她的这种生活本身就是全球化进程最为鲜活的一例。不论作为亚洲国家现代化先锋的日本还是井上玲的作品,都值得中国艺术家用心学习。日本不愧是有着百多年成功现代化进程的亚洲国家,为井上玲这样的艺术家提供了比中国艺术家更为开阔的全球化视野。正是这种视野,使井上玲的作品能够毫无障碍地被我们所分享。遗憾的是在中国当代社会言论中,充斥着狭隘的民族主义国家意识,特别是针对与中国有过历史积怨的日本。这种意识的不断强化,只能加重而不是缓和国与国、人与人之间的冲突。希望我们不要以在尸体上覆盖一面国旗而获得对自身生存意义的认同,希望人类能够跨越自身局限的鸿沟而彼此真诚面对。也许这就是井上玲的艺术代给我们的启示,使我们有机会站在更为普世的人类立场上来分享彼此的文化经验与精神财富。

井上玲は現在、北京で中国語を学びつつ現代美術の実践に従事している。彼女のこのような生活自身が、グローバル化の1つの例になっている。たとえアジア国家近代化の先鋭国日本でも、井上玲の作品は中国芸術家が一心に学ぶ価値がある。日本は百年余りかけて近代化に成功したアジア国家で、井上玲のような芸術家に中国芸術家よりも一層広いグローバル化の視野を提供している。このような視野は、彼女の作品をもって障害無く私達と分かち合うことが出来る。残念なのは中国現代社会の言論が狭いナショナリズム国家の意識に溢れ、特に日本に対して歴史の度重なる恨みを持っている。このような意識の間断ない強化は、国と国、人と人との衝突を緩和せず強めることしか出来ない。私は、我々が”死体の上に1枚の国旗を覆うこと”が自身の生存する意義と同じと認めないことを希望し、人類が大きなギャップや制限を越えて互いに心から直面し得ることを望む。井上玲の芸術は私達の啓発にかわり、私達をいっそう普遍的な人類的立場に立ち上げてきて双方の文化経験と精神的財産を分かち合う機会を伝えている。

2007年3月21日夜于北京

日本語翻訳:清水恵美

f0117481_18165721.jpg

[PR]
by reiinoueartworks | 2007-04-27 23:29 | criticism
lacquer work 2006year
指輪 ring   (石 蒔絵(純金・漆) 銀細工) stone lacruer gold silver

f0117481_2561033.jpg


ブローチ brooch (石 蒔絵(純金・漆))stone lacruer gold

f0117481_3155437.jpg


置石 stone (石 蒔絵(純金・漆))stone lacruer gold

f0117481_317642.jpg

[PR]
by reiinoueartworks | 2007-04-01 03:17